読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋とケータイと私

お題「ケータイと私」

お題スロットなる機能を使ってみる。
これスロット回し続ければエンドレスでブログ書けますね。

「ケータイと私」

ポエムのタイトルっぽいのが当たってしまいましたよ。
なぜあえて「携帯」ではなく「ケータイ」なの?
「ケータイと私」て。
「部屋とワイシャツと私」かよ。

携帯ね。
初めて持ったのは確か20年前。
J-phoneの携帯電話でした。

あの~…若い世代は知らなかったりしますかね?J-phone
もはやそのあとのVodafoneも知らないんじゃなかろうか。
いきなりSoftBankから始まってやしないか?

怖い。
なんだか自分が生きた化石感丸出しになっていそうで怖い。

で、携帯ね。
J-phoneの何の色気も可愛げもない、テレビのリモコンかよこれ!って
ツッコミが入りそうな携帯でしたね。
もちろんLINEもない時代ですよ。
LINEはおろか、メールすらあったかなかったか覚えてないです。

…あれ?もしかしてあれって本当にテレビのリモコンだったのかも。

しかもあれですよ。
今みたいにお得なプランとかそんなの全然なくって、
月の利用料金が3万円とかですよ。
恐ろしい時代を生き抜いてきましたね、私。

バイト代のほとんどはケータイ代に消えていきました。
その前のPHSの方がずっと安かった。
さらに言えば、もっと前のポケベル時代なんてもっとよかった。

人間ね、便利になりすぎるとよくないですね。
みんな下向いて歩いてますから。
かの坂本九だって「上を向いて歩こう」って言ってるのに。

ながらスマホ
スマホネック
スマホ

なんだよもう。

J-phoneケータイの頃はそんなことなかったのに。
だって動画が見れるわけでも画像が見れるわけでもなかったから、
単なる電話機でしかないわけですよ。
みんな上を向いて歩いてましたよ。

結局何が言いたいのか。

「リモコンと私」

ってことですね。